• 家づくりについて
  • 現場を知る
  • 家づくりについて
  • 資金計画について
  • 資金計画について
  • 自然素材について
  • 家づくりについて
  • 土地探しについて
  • 家づくりについて
  • 家づくりについて

木造建築の施工現場を見ると、柱と柱の間に、小柱(約3㎝~)が等間隔に入っています。

これが間柱(まばしら)です。

家の構造を支える柱ではなく、壁面を支える為の柱です。

 

外壁に用いるサイディング材は重たいので、その荷重に耐える事の出来る下地にする為にも、

少し幅が大きめの間柱を使うのがおすすめです。

 

内部壁側はプラスターボードという断熱・遮音性に優れて丈夫な板を張りますが、

これをビスで止める時にも間柱の幅が大きいと、

しっかりとビスを固定することが出来ます。

 

 

壁をコンコンと叩いていくと、詰まったような高い音がする箇所、それが間柱の位置です。

壁に画びょうや釘を打ち込む時に探したこと、ありますよね(^^)

 

間柱って、構造的にも重要な役割をしているんですよ♪

 

関連キーワード
現場を知るの関連記事
  • 【断熱材】セルロースファイバーについて
  • 壁の断熱材【高気密・高断熱の家の場合】
  • 梁の役割と大きさについて
  • 間柱【まばしら】の役割とは?
  • 「高気密・高断熱の家」ってどんな家?
おすすめの記事
動画
  土地にかかる費用について 便利で人気の土地は高い、不便な土地は安い・・・だけじゃない。 土地にかかる費用の内訳についてご説明しています。...
動画
    「家の本体価格」について動画でご説明しています。 建築会社お見積もりを出して貰う際に、気を付けること。   ・これからマイホームを建...